銅の変化

今年の5月に、いつもお世話になっている金属作家さんに教えて頂き、自作した銅のコースターを職場で使っています。

グラスは100円均一なのですが、高級な雰囲気が出て良い感じなんです。

銅は空気や水などに触れると変色しやすい性質があります。

ですので、私のように何もせずに5ヶ月間メンテナンスせずに放っておくと

当然こんな感じになります。
ある意味、これが今巷では流行っている革のエイジング(経年変化)な感じで好きなのですが。

元に戻るかなと、金属業界では皆様お馴染み

ピカール!

これで磨くと

凄い!やはりとれます。

ほぼ元どおりに。

ピカールの宣伝ではありませんよ。

クリアで劣化を防ぐのも良いですが、革靴のように銅の生地を楽しむというのも良いですね。